Water Server タイトル

水・料理

あなたは料理や飲み物に水道水を使用していませんか?
せっかく手間暇かけて作った料理も水道水を使用すると味を壊してしまうことがあります。
どうしてもカルキ臭が食べ物にうつるのは、水道水に含まれる塩素が食材に含まれるビタミンを壊してしまうそうです。 そもそも、水と料理は大変深く、水の良し悪しでその料理が決まると言っても過言ではありません。 それに郷土料理ではその土地に行かなければ、その美味しさが味わえないものなのです。
なぜなら、その土地の水で育った食材を使って、その水で料理されるからその地域にあった味が出せるのです。 それはその土地の水に含まれるミネラル成分で作物が出来上がっていることが一つの鍵になっています。
調理で使用する水を選ぶ際に重要なのは水の硬度やミネラルのバランスです。
特にカルシウムとマグネシウムのバランスが重要になってきます。

例えば、カルシウムは肉のたんぱく質としっかり結合して肉汁を閉じ込めることができ、マグネシウムは炊飯において抗酸化作用や保水効果があるためご飯における菌の発生を抑えてくれるし、黄ばみの防止にもなり、また水分の保持ができるためパサツキにくくなります。 昆布やカツオの出汁を取るときでも同じく軟水が適しています。 軟水の効果として、グルタミン酸、イノシン酸などといったうまみ成分が抽出されやすくなるから良いのです。 逆に肉料理のときは、素材の味を引き出す効果の高い軟水は不向きです。軟水を肉料理に使用するとにおいが強くなるためなので料理をする際は気をつけたほうが良いです。それに料理のレパートリーが多いのも良いですが、水と料理に関する知識があれば、より美味しい料理を作ることができます。

水・飲み物

飲み物を作るのときどんな水で作るのが一番良いでしょうか。
冷たい飲み物なら浄水器やウォーターサーバーを通した水や、ミネラルウォーターを購入して使用したり、暖かい飲み物は浄水器やウ ォーターサーバーを使用して使うのが一般的かもしれません。
もちろんそれでも十分美味しいのですが、もっと美味しく飲み物を作りたいという人がいると思われます。
そんな方、飲み物によって 硬度を少し変えて水を選ぶとさらに美味しくなるので料理をする際にそういった知識があるとより美味しく料理が作れます。

日本茶を入れる場合は硬水では風味がなくなるので硬水は止したほうが良いです。
ミネラル分が多いのでクセがあるので、繊細な日本茶には合わないのです。 軟水を使用する方が良いです、また温度にこだわると日本茶はさらに美味しくいただけます。
また、玉露であれば50〜60℃、煎茶は70〜90℃ が適温となっています。
ウォーターサーバーの温水と冷水をうまく使用すれば微妙な温度調整も簡単にできるので、手早くおいしいお 茶を飲めます。 コーヒーは好みに合わせて水を選ぶと、より美味しくなるでしょう。
軟水を使用すると「まろやか」な味になりますし、硬水を使用する と「苦味」が強くなります。もっと苦味が欲しい人は「にがり」を加えると硬度を好みに調節できるのでより苦味が強くなります。
紅茶も硬水が良いです。また冷水については飲食店で食事中に一口飲むと舌に残った雑味を洗い流してくれる作用があるので、次の料 理をおいしくさせる働きがあります。
ウーロン茶や緑茶は食べ物の成分と中和する働きがあります。 そういう場面に応じて飲み物について関心を深めて行くとより楽しくなり、より美味しく飲むことができると思います。

Last update:2017/9/11